シミトリーの副作用ってあるの?心配な人は見てくださいね

今年も日差しが次第に強くなり、美白化粧品が気になる季節になりつつあります。

今回見つけた美白化粧品はシミトリーです。

名前がそのまんまな無邪気でかわいいオールインワンジェルです。

しかし、美白化粧品は怖い副作用が心配です。

ここではシミトリーが副作用のない安全なホワイトニング化粧品であるかどうか調べました。

シミトリーの副作用はある?

私が新しいホワイトニング化粧品を見る度に、カネボウのホワイトニング化粧品による副作用のケースを思い出します。

それから5年が経ちましたが、姉がその化粧品を使って以来、姉も大きな出来事として思い出します。

(幸いなことに私の姉は白斑のダメージに合っていませんでした。)それでも、美白化粧品を扱うとき、少し用心深くなります。

カネボウの化粧品はもともと開発された「ロドデノール」成分を使用していたため、白斑症の原因となっていたと言われています。 「ロドデノール」はカネボウ化粧品にしか使用されていないため、他社の化粧品とは無関係です。

この白斑の問題の結果として、化粧品製造業者は、安全性を徹底的に確認したので、化粧品全体の安全性は増加したと言われています。

シミトリーは特に刺激に弱い敏感肌を考えたオールインワンジェルなので、気にせずに使える美白化粧品だと言えると思います。

 

詳細はシミトリーの公式サイト

 

薬用美白シミトリー、オールインワンの成分

成分で気になるのは

美白成分 ヒドロキノン誘導体

 

ハイドロキノンという成分はちょっと怖いとの思いがありました。ハイドロキノンは非常に強い漂白作用を有するので、高濃度のハイドロキノンは医師の処方箋なしでは使用できないのです。

しかし、ハイドロキノンとハイドロキノン誘導体は、名前が付いていますが完全に異なるものです。

ハイドロキノン誘導体は、ハイドロキノンと同様に製造されたものであり、安全性とその効果をさらに高める成分である。アルブチン由来のようです。医薬品ではないので、副作用を心配せずに低刺激性の成分です。

肌の美しさの成分 フラバンジェノール

 

フラバンジェノールは、フランス南部沿岸の松の樹皮から抽出されたポリフェノールで、プラセンタの10倍の美肌効果が期待できる成分です。

メラニンの抑制力だけを見ても

ビタミンCの約600倍コエンザイムQ 10の約250倍と言われています。

フラバンジェノールも安全な成分であると開発した東洋新薬の公式サイトで報告されています。

ハリと美容への効果 天然保湿エキス10種

セラミド3、スクワラン、シアバターなどと一緒に、天然ビタミンE、ユキノシタエキス、カンゾウフラボノイドなどの10種天然由来保湿エキスが、肌のツヤ、肌触り、肌荒れをサポートします。

シミトリーの独自技術

美白成分および美容成分を角質層にしっかりと浸透させるための独自の技術がシミトリーに採用されています。

球状のラメラ構造を持ち、美白や美容の有効成分を肌の保湿構造と似たものにすることで、肌になじみのあるジェルを実現しています。

敏感肌用の7つの非添加物

シミトリーは医薬部外品であり、同時に、パラフェン、アルコール、界面活性剤、香料、着色剤、鉱物油およびシリコーンは添加されていません。敏感肌や乾燥肌の人でも安心して使えます。

 

シミトリーの公式サイトはこちら